5D Mark IVと5Ds / 5Ds Rの違いと比較

5D Mark IVと5Ds / 5Ds R

5D Mark IVと5Ds / 5Ds Rの主な違いを書いています。5D Mark IVの有効画素は約3040万画素で、5Ds / 5Ds Rの有効画素数は約5060万画素です。約2000万画素も違いがあるので、この画素数が大きな違いです。広大な風景を解像感が高く撮影するなら5Ds / 5Ds Rで、ポートレートをもっと細やかに撮影するなら5D Mark IVのほうが向いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


5D Mark IVの画像処理エンジンはDIGIC 6+で、5Ds / 5Ds RはデュアルDIGIC 6です。5D Mark IVと5Ds / 5Ds Rの全てにローパスフィルターはありますが、5Ds Rはローパスフィルターがキャンセルできて解像感を出せるのが違います。5Ds / 5Ds Rは、クロップ撮影できます。

5D Mark IVのモニターは3.2型の固定式の約162万ドットのタッチパネル式で、5Ds / 5Ds Rは3対2の約104万ドットでタッチパネルは使えません。5D Mark IVモニターは像面位相差AFのデュアルピクセル CMOS AFで、ライブビューでのAF速度が5Ds / 5Ds Rより早く快適に使えます。

5D Mark IVのモニターは約80%×約80%の領域でタッチAFが使えるので、5Ds / 5Ds Rよりモニター撮影がかなり快適になっています。5D Mark IVのモニターの右横には測距エリア選択ボタンがあって、7つの測距エリアから選択できます。5D Mark IVはモニターの色調が、暖色、標準、寒色1、寒色2から選択できるようになっています。

5Ds / 5Ds RのISO感度はISO100からISO6400までが譲与感度で、拡張感度にISO50相当、HのISO12800相当があります。5D Mark IVの常用ISO感度はISO100からISO32000でで、ISO50相当、ISO51200相当、ISO102400の拡張感度が使えます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

常用感度がISO32000とISO6400の違いあるので、5D Mark IVは5Ds / 5Ds Rより2段分の低ノイズになっています。5D Mark IVの秒間コマ数が最高で約7.0枚/秒ですが、5Ds / 5Ds Rは最高で約5コマ/秒です。5D Mark IVはJPEGラージのファインでカード容量の一杯まで連続撮影できますが、5Ds / 5Ds Rは約510枚です。5D Mark IVはRAWで約21枚、5Ds / 5Ds RはRAWで約14枚です。

5D Mark IVと5Ds / 5Ds RはどれもAFの測距点数は61点で同じですが、5D Mark IVは61点の測距点と21点のクロス測距のすべての測距点で、F8測距ができます。5D Mark IVは4K動画が撮れますが、5Ds / 5Ds RはフルHD動画です。5D Mark IVは4K動画から約880万画素のJPEGの静止画の切り出しで、約30コマの中から静止画が選べます。

4Kフォトとは 静止画連写との違いと動画写真が台頭する?に、4Kフォトのことを書いています。5D Mark IVにはデジタルレンズオプティマイザのための専用ICがあって、カメラ単体でデジタルレンズオプティマイザが使えて、RAWとJPEGにも対応しています。

5D Mark IVはJPEG撮影時でも回折現象の補正ができますが、5Ds / 5Ds Rはできません。5D Mark IVは、デュアルピクセルAFを使ったDPRAW(デュアルピクセルRAW)があります。DPRAW記録で、DPPで、ボケシフト、ゴースト低減、解像感の補正の3つが後処理できるようになっています。

5D Mark IVはAFの検出輝度範囲は、中央のF2.8の測距点で-3から18で、5Ds / 5Ds Rは-2から18です。5D Mark IVはWi-Fi、GPSも内臓式で、近距離無線通信のNFC機能もありますが、5Ds / 5Ds Rはどれもありません。バッテリーのLP-E6Nは5D Mark IVと5Ds / 5Ds Rで共通で、5D Mark IVはファインダー撮影で約900枚で、ライブビュー撮影で約300枚です。

5Ds / 5Ds Rはファインダーで約700枚、ライブビューで約220枚です。5D Mark IVは本体のみで約800gで、5Ds / 5Ds Rは本体のみで約845gです。機能は総じて5D Mark IVのほうが優れていますが、広大な風景などでの高解像度写真なら5Ds / 5Ds Rです。

5D Mark IVと5Ds / 5Ds Rの主な違いを書きましたが、それぞれの機種の機能の特徴は5D Mark IV5Ds R5Dsの個別の記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事